日記

お金 4.17

投稿日:2017年4月20日 更新日:

金銭感覚。

これはたぶん教育だとおもうのですが、小さいころから「奢るのも奢られるのもダメ」だという教育をされてきました。小学生のころのよく通った駄菓子屋さんで使う10円や20円ですらお金の恨みつらみはこわいからという理由なのでしょうが、どんな理由であれダメだと言われてきました。それが今でも心の奥底にあります。

いまでは年上の男性とか先輩が「いいよー出すよー」と言われたときの対応もわかりますが、いまだ同級生がおごってくれる感覚が苦手です。おごってくれるということはいつかわたしも返さなければいけないとか、これで貸しを作ったと思われるだとか考えてしまいます。

この間五人でカラオケに行ったのですが、お会計が少し複雑で結局私がほかの四人より多く払いました。一人200円ずつもらえればちょうどよかったのですが、後輩もいる中で200円をせびることもできず結果おごった形に。

この感覚がわからないのです。ケチだと言われればケチなんですが、なんでわたしが多めに払わなければ…?これはわたしが頑張って働いたお金ですけど…?という気持ちになります。

この感覚がわかる人たちと付き合っていきたいなと強く強く思います。むずかしい。

【決済】終わるVISA一強支配、最後に生き残るクレジットカードはどれか

 

-日記

Copyright© アオキノヒビVol2 , 2020 AllRights Reserved.