日記

できること 2.2

投稿日:2017年2月2日 更新日:

重め。

少し思うこと。車校も終盤になってきて、事故に関する学科とか、応急救護について勉強しました。車の事故って本当いやですね。

飲酒運転もそうだし、高齢者の意味のわからない運転もそうだし、スピード狂もそうだし、防ごうと思えば防げるんですよね。でも人は愚かだから。

被害者の遺族の手紙とか手記を読んだりするのですが、心にくるものがありすぎます。あまりにもむごい。悲しい。残された人が何をしようと命は戻ってこないんですよね。

どうして人はそれを忘れてしまうんでしょうね。「わたしは大丈夫」「わたしにかぎって」という考え方は非常によくないですよね。兄の友人が事故にあったことがあるのですが、頭を強く打って意識不明の状態が一週間ほど続いたそうです。まさか周りの人でそんなことになるなんて思ってもなかったです。そのときから自分だけは大丈夫だという考え方はしなくなりました。

悲しむのは家族だけでなく、周りの人たちもなんです。私の母もこの話をしながら涙ぐんでました。事故を起こさないためにわたしにできることは安全運転だけです。どれだけ煽られようと、どれだけ遅いと言われようと、「かもしれない運転」でいこうと思います。悲しい事故がなくなりますように。

クレジットカード審査の基準

Didgeman / Pixabay

Didgeman / Pixabay

-日記

Copyright© アオキノヒビVol2 , 2020 AllRights Reserved.