日記

右と左つづき 12.5

投稿日:2016年12月19日 更新日:

解決策

左右盲についてつづきです。

正直にいって左右盲として困難だったのは視力検査ぐらいでした。今までは。とっさに「右にあるよ!」って言われて左の引き出しをあけても「あ、ちがうのか」と思うことができるので生活に支障はないのです。しかし、問題はここ最近起こりました。

赤ちゃんが風邪を引いた!症状別の対処法《鼻水編》

車の運転です。今年の11月から自動車学校に通い始めたのですが、教習所内を走行する際にでさえ、指導員の人が「次の交差点右だよ〜」とか「左のほうによって〜」などの指示をだされるのを間違えます。

右と言われてウインカーを出すのは左で「それ左だよw」と言われても運転中は考えることがたくさんあって右と左のことに集中できず「は!?右やろ!?え!?ちがう!?ちがうやん!!!!!」とテンパります。

結果、ふらついたり、スピードを落としすぎたりします。もう本当にどうしようと思いました。運転向いてない、わたし免許とれない、と思いました。

しかし!ここで解決策を思いつきます。視力検査のときはどちらかをグーにして判断していました。だからこれを応用して運転するときは右手に指輪をつけることにしました。

迷っても手を見て判断できる。これによってなんとか右と左の間違いは減りました。けれどやっぱり間違えるときは間違えます。(笑)特にたくさん指示をだされるとダメです。(笑)

最後に左右盲関係ないかもしれませんが、曲がったあとにどちらの車線を走るのかよくわからないんです。二車線道路なのか一車線道路なのか判断が遅いんです。視野が狭いでしょうか?なんにせよ路上を走るのがこわいです。(笑)

クレジットカードイオンカードセレクトの情報サイト

 

Bergadder / Pixabay

Bergadder / Pixabay

 

-日記

Copyright© アオキノヒビVol2 , 2018 AllRights Reserved.